読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶつかって、恥かいて、またぶつかって。そんな君は美しい。

納得しないまま、仕事をして えらい目にあったことが何度かある。 このままじゃまずいな、と思って 先輩に相談しても、このままでよいと言われ モヤモヤしたまま、お客さんに見せたら 怒られる。 先輩は、俺が怒られている間 黙ったまま、だ。 こういう事が…

金がなきゃ飛び立てねえよな

金がなきゃ飛び立てねえよな。 金がなきゃ 例えば、学生だけど自費留学したいとか 例えば、リーマンだけど独立したいとか 例えば、定年後に自分の趣味の会社を作りたいとか ある程度、自由になる金がないとさ。 飛び立てないよな。 成功者の多くは 失敗した…

欲望は悪じゃない

欲望がある、と聞くと どうも良いイメージが浮かばない。 欲望があることは望ましくない、という 謙虚主義がはびこっているように思う。 金がほしい!それも大金が! みたいなのは、俺に言わせれば 欲望ではないよ。 静かに暮らしたい とか たばこを減らした…

依存を排する

誰かに依存しなければ できないことは、やめたほうがいい。 そう思った。 なんでも一人でやるべきであって もし、誰かの手を借りる場合は きちんと対価を払い、契約を交わすことだ。 仕事は基本は一人でやるべきで 友達と一緒にやる物ではないし おそらく友…

自己啓発大嫌い

東葉経済オンライン、とかをみると モテる男子の条件!とか リーダーに求められる能力!とか 聞き上手になるためには!とか たくさんあって 乱読する。 そうすると、 俺はモテないし リーダーの素質もなく 聞き上手でもないことを痛感する。 で、おしまいに…

逃げちゃダメだ、怠けちゃダメだ

逃げちゃダメだ 逃げちゃダメだ って 新世紀エヴァンゲリオンかって話だけど。 逃げちゃいないけど 怠けてちゃダメだ。 『おれ、バンド活動してるんだ。人生攻めてるんだ』 なんつって年に一回のライブしかしないんじゃあ 逃げはしなかった(バンドをやめち…

砂をつかんで立ち上がれ

一番辛かったとき こんちくしょう、負けてなるものかよ! っておもった。 一番苦しかったとき 絶対這い上がってみせる! っておもった。 一番悔しかったとき 俺だってやってやるぜ! っておもった。 そういう思いは風化する。 辛かった 苦しかった 悔しかっ…

やさしいひとは。

やさしいひとは なにをいわれても怒らない。 やさしいひとは 怒るのではなく叱る人。 そうだ、そうなんだ。 ムカついたから怒鳴り散らすのではなく きみはそんなことをやっていちゃ だめなんだよ! と 叱ってくれるんだ。 嫌みのない 愛のある 叱り方をして…

建て前と本音

俺がつとめている会社の 所属している部が、利益が良いもんで 部からレベルアップすることになった。 係長は課長へ。 課長は部長へなるわけだ。 で。 うちの会社は技術を売りにしている 会社なのだけれど 管理職って、技術ないよ。 過去の技術はもってるけど…

不変の人

ビッグマネーをほしがっている人 今の生活から脱却したい人 なんでもいいけど そんなようなことを夢見ていて。 にもかかわらず、何も始めない、何もしない そういうひとを 不変の人と俺は呼んでいる。 愚痴だけ言いながら 自分の人生を0.1ポイントでも 向上…

息吹

息を吸い、吐く。 いろんなことが それと同じように出来たらな、と思う。

収入がどーだこーだ、と言う前に

収入がどーだこーだ、と言う前に 自分がどれだけ人の役に立っているかを 考えてごらん。 お金ってのは より役に立つ人に多く支払われ 役に立たない人には支払われないものだ。 それは、実力でなく 身をおいている場所、すなわち 立場と言うものも当然影響す…

愛想笑いは通じないけど

嫁に愛想笑いは通じない。 愛想笑いが苦手な俺としては とても良いことなのだが 通じないってのは 俺の心中洞察がうまいということで 俺が愛想笑いしてるときには 本当は楽しくもないのに笑ってる と見抜かれているということだ。 で、昨日。 嫁が作った煮豆…

趣味は現実を支えるための滋養

映画や小説、漫画などが大好きな人たちは自分の人生がうまくいかないもんだからそういったものを鑑賞して現実から逃避している。 なんて、論調をどこかで聞いた。果たしてそうだろうか? こんな論調は正直ちょっとまとはずれでスポーツが趣味の人たちは現実…

自己卑下するにはまだ早い。

思えば中途半端な人生を送ってきた。 絵を書くのが好きだが、バイトしながら漫画家を目指すほどの勇気もなく。小説もどきも書いてみたが、バイトしながら小説家を目指す勇気もなく。歌が好きだが、バイトしながらバンドをやる勇気もなく。仕事でデザインをし…

話す理由

話す理由は 聞いてもらうこと。 聞いてもらうってことは 話す内容を理解しもらうこと。 共感してもらうこと。 話しても 理解してもらえなかったり 共感してもらえないんであれば 話し方を変える。 話しても 理解して欲しくなかったり 共感して欲しくないんで…

踏んづけられても雑草のように

ちょいと前に 某管理職がセクハラをしたということで 降格処分になった。 たしか飲みが好きな女子社員(部下)と よく飲みに行ってたが、その女子社員から クレーム? がはいったとのことだ。 その女子社員はいまじゃ、結婚して 飲み会に子供を連れてきてい…

時間を増やしても意味がない

帰宅してから自分の時間でなにかを積み上げていく作業をしているか。 勉強だったり副業だったり趣味のプラモデルでもいいし小説を書いていても良い。 平日にとれる時間は二時間くらいだとして長い間続けているけれどなかなか目標に到達しない。 はた、と思い…

いつか体が動かなくなったら

命が果てるその瞬間まで俺は仕事をしていたい。 強烈なうまい酒を飲んで楽しんでも次の日は二日酔いで億劫だ。 のんびり昼寝をしていても寝過ぎると具合が悪くなる。 友人や恋人と楽しい一時を過ごしてもいづれ話すことがなくなってしまう。 すてきな場所へ…

人を疎ましく思ったら

ひとには二種類いて 自分の感じ方や想いを日々の主軸に置く内面世界嗜好の人と 他人との関係性や世間との付き合いに重きを置く外面世界思考の人がいると思う。 もちろん、多くの人は両方とも大事にしているのだけれど 時折いづれかに偏った人もいる。 どちら…

まじめに仕事して金がない

大学の同級生と会い 収入が自分より多いとき やはり人は うらやましいな あいつとは大差なかったのに なんて思うものだ。 しまいには 転職してえな! とかおもうものだ。 でも、東芝が現在ピンチなように 時流の流れでもって 給料は上がったり下がったりする…

黒炭を押し付ける

大学五年生の頃 金が無くて遊びにも行けず というか、なけなしの金はパチンコですってしまい 酒はトリス・ウイスキーになり 飯は、米と味噌汁と沢庵になった。 バイトの金がでるのはまだまだ先だ。 暇つぶしのゲームも飽きた。 ネットサーフィンも飽きた。 …

卑怯であるということ。

いつもAさんがお客さんのの大事なものを借りて 別の人が大事なものを返却する。 ある日、Aさんがお客さんの大事なものを借りて Bさんが大事なものを返却しなかった。 次の日、お客さんが大事なものが無いと騒ぎはじめ Aさんが謝った。 でも、もちろん、返却…

酔って自己嫌悪しているあなたへ

酒を飲み、そして酔う。 ああ、飲み過ぎだ。他の人もいるしこれ以上飲んでしまうと、自分を失い、大はしゃぎしてしまう。誰かが何かを話したそうにしていることは知っているのに、自分ばかりが話してしまう。 それはわかっているのに、衝動を抑えきれない。 …

友人関係の諸事

友人関係を絶っていた。 以前は友人とともに『組んで』共有している目標を追いかけていた。 まるで、バンド活動みたいに。 夢を追いかけるといっても仕事は多忙を極めある友人には、彼女ができたりある友人には、子供ができたりすると 互いの夢を語らう『愛…

嫁とゆっくり飯を食う

仕事がつまらん、とか 後輩が生意気だ、とか 友人に義理がない、とか 給料が安い、とか なんのかんの、 悩みはいろいろあるけれど 嫁とゆっくり飯を食う。 それだけで あぁ、 人生捨てたもんではないな と、ふと思うのだ。 別に嫁との飯、でなくてもよくて …

嫌なことに、直面し、思いを新たに。

ある日、仕事が暇だったので 先輩の仕事を巻き取った。 それも終わり、暇だった。 まだなにかありますか? と問うと もうないからいい と言われた。 定時になり、帰ろうと思っていると 俺以外の人は珍しく残業するという。 帰ります、というと うーん、ほか…

毎日やる、毎日考える

ここのところ、Androidアプリの開発をしていた。 このブログは、多忙な日々にあって、何か、叫びたいという俺の思いで始めたが ようやく普通の仕事にありつけてからというもの更新をぜんぜんしなくなった。 で、もう、多忙なあの頃には戻りたくない。 忙しい…

文字もなく、音もなく

趣味は読書と音楽 ……と、書いてみるとすごく無個性な趣味だな。 近頃は、本も読まず、音楽も聞かなくなった。 ついでに言うなら、映画も見なくなった。 じゃあ、暇なときなにをやってんだと言われると 個人のアプリ開発をしながら、たばこを吸い、ハイボール…

失敗しても淡々と

失敗はするよ酒飲んで我を忘れて、誰かを殴ったりとか仕事で、でかいミスして、損害何百万とかあるある、反省しなきゃいけないよ。でも、卑屈になるな。卑屈になる位なら、迷惑かけた人に対して今後、どうやって償っていくか(貸しを返していくか)を考えろ…

ムカついたらムカつくと言えばいい

ビヂネス書とかで「怒らない技術」とかあるけど仕事でも、なんでもムカついたら、「ムカつくんだけど」と言えばいい。たとえば、相手が無礼な奴ならビビって、以降は無礼を働かなくなるかもしれないし。たとえば、相手が嫌みな奴ならビビって、次から嫌みを…

無関心だと、割を食らう

電車の話。通勤で、入り口付近にたむろしてる人たちがいる。満員電車でも、なぜか中に(座席の真ん中の方向)に、入っていかない。そんな人たちは、何人かから白い目で見られいざ、電車をでるときに、妨害にあっているような気がする。今日、そんなことで電…

夏とハイボール

夏はやっぱり、ハイボール山崎のハイボール(ヤマハイ)がフェイバリットだったけれど今では白州のハイボールがおいしく感じる。リフレッシュの手段として酒は最適だ。四季折々の飲み方があるところがまた、好きなんだなとおもう。ウイスキーを飲むときは節…

つらいことは忘れないように

つらいな、つらいなでも、頑張らなきゃなすぐに仕事辞めるわけにもいかないよ家族もいるし、いまやめたら仲間も困るしでもつらいな、つらいなそうだいつかこの仕事が落ち着いたらなにか自分で商売しようか独立独歩で生きていこうかそのために、いま準備の時…

毒にも薬にも

毒にも薬にもならないような人間にならないように。もちろん、薬となれればいうことなし。それが無理なら毒でも良し。毒にも薬にもならないような奴はあなたと同じ方向を見ていない。もっともたちの悪い人間だからなるべく近寄らないように。

鈍色の春

鈍色(にびいろ)ってのは曇りの日の、空の色を想像するんだけどはたして適切なのだろうか、よくわからない。ようやく、一区切りしそうな予感。しごとも、そして今年度もそろそろ終わりだ。長かったなあ。来年度はなにしようか、、なんて暢気に考えてると、…

NOと言わなきゃエンドレス

お客の要望にNOと言わなきゃエンドレスだ。締め切りは来週の火曜日。現在ソフトウエアの試験中なのだが、今回修正したバグ以外のものが、でるわでるわ。試験はお客が取り仕切って実施していたのだが、全然試験してないことが、こう言ったことからもわかる。…

大円団は、まだ遠い

ここニ、三日、先輩と喧嘩のような議論を重ねてきた。正直、お互いウンザリしている節もあったが、今日になって気がついたこと。散々言いたいことを言い合ったからか、お互いの知識レベルは同水準で、かつ、問題についてツーカーで話せるようになっている。…

伝わらないもどかしさ

会話に関することをまた書く。たぶん、人とのコミニュケーションがうまくいってない証拠だ。仕事を複数人で進めている。皆、設計者だ。今日は大きなコミニュケーションロスがあり、ちょっと慌ただしかった。そして、イライラした。話し合い、方針を決める。…

会話すると、ろくなことがない

人と会話しても、ろくなことがない。そういう時期が、たまにある。そういうときは、きっと自分の話し方とか、自分の表情とか、立ち居振る舞いが悪い印象を与えているかもしれない。めいめいが抱えるストレスってやつか。おれも、みんなも。そういうときは人…

反省をば。

今日は反省をば。試験を急いでやらなきゃいけない先輩の手伝いをしていたらバグを見つけた。別のチームが作ったところだ。「これ、解析した方がよいのでは?」と提案したが、試験を終わらせることが第一だという意見で、後回しになった。でも、おれはどうも…

人の話を聴く

人の話を聴くそれは、いい結果を伴うことが多い

忘れちまうのが、一番いい

一般論だけど忘れちまうのが一番いいと思ってる。嫌な思い出は、覚えててもしようが無いから忘れてしまおう。良い思い出も、過去の栄光ばかりを引きずってしまうから、忘れてしまおう。なんでもかんでも、酒を飲んで忘れてしまって、残るのは「今」になるわ…

笑顔がそんなに大切かい?人に好かれることがそんなに大切かい?

この間、お世話になっている方から中村天風さんの話を聞いた。俺が愛読してるブログの人も、時折中村天風さんの言葉を引用するのですこし調べてみた。とてもよいことを言っている。笑顔をつくること、人に好かれることが大切だと説いていた。いま、俺は誰か…

積んで、風で崩れて、また積んで

熱をかけ続けなければ、冷えてしまう水のように情熱というものも、熱という単語が含まれているように、熱し続けなければ冷えてしまうものだ。冷え切ったあとは、どうなるか?ある程度はくすぶっているのだ。そのまま、放っておけば火種は完全に消える。でも…

点と線

何か問題が起きたときにその問題の原因を探すのは、点。その問題が発生するまでになにが起きていたか、が線。点じゃないんだ。線で考えないと。ペテン師にいいようにやられてしまう。

弊社の××が(部長)

リーマン社会における違和感そのいち。他社とか、お客さんに、自分の会社の上司や先輩を紹介する場合に、敬称を省く。社会人(会社人)として、当たり前なことだ! ビジネス・マナーだ!というのは、ごもっともだけどさ。もちろん、おれもお客さんにメールす…

ぴりっとした寒さが俺は好きだ

生まれが北国のせいか寒さを感じる季節になると、妙に落ち着くのだ。冷たい風がぴゅーっと吹いて鼻孔に目一杯、その風を吸い込むと脳が活性化するような気がする。学生時代、友達が捕まらずに寂しい夜を過ごすときとぼとぼ帰り道を歩きながら、薄い黒ジャン…

はっきりしないの、嫌い

言いたいことを、気を使って言わないでモヤモヤしたままでいるとよくない。よくなったためしがない。ある先輩とタッグを組んで資料を作っていたときに、先輩に資料の内容を相談した。先輩からはこれでいいよ、と言われ、納得がいかないままお客さんに出した…

君が作ったところもなおしておいたから

先輩に君が作ったところもなおしておいたからと言われた。……お? ん? なんです??となった。集団でソフトウエア開発していれば、当然、誰かがつくった箇所を直すことはある。おれはなんでも屋なので、人の作ったところを直すことは他の人よりも多い。でも…