読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間を増やしても意味がない

帰宅してから自分の時間でなにかを積み上げていく作業をしているか。 勉強だったり副業だったり趣味のプラモデルでもいいし小説を書いていても良い。 平日にとれる時間は二時間くらいだとして長い間続けているけれどなかなか目標に到達しない。 はた、と思い…

弊社の××が(部長)

リーマン社会における違和感そのいち。他社とか、お客さんに、自分の会社の上司や先輩を紹介する場合に、敬称を省く。社会人(会社人)として、当たり前なことだ! ビジネス・マナーだ!というのは、ごもっともだけどさ。もちろん、おれもお客さんにメールす…

依頼心を捨てる

なんでもなんでも共有化されていると、物事を独りで考えたり、調べたりして答えを見つけるというプロセスを踏まなくなる。仕事でも、誰かに聞いたりする。いや、もちろんそれはいいんだけど、あまりに自力で何とかするのをあきらめるのが早いのでは? と思う…

出来ないと言いそうになったとき

「それはできません」「無理です」と言いそうになることがある。というか、ちょっと前までは(ほんのちょっと前までは)言っていた。だが、人間とは面白いもので出来ないと思っていたことは、大概出来てしまうのだ。(もちろん、それなりの労力と工数がかか…

太陽のように輝くのではなく、月のように輝きたい

太陽のように輝くのではなく、月のように輝きたい、と思うのは抽象的だが納得してくれる人がある程度いるのではないかとおもう。うまくいえないけれどマジンガーZの甲児とエヴァンゲリオンのシンジの違いかな。前者が太陽で、後者が月。ううん。うまい喩えで…

内罰的思考のバランス

自己責任っていうことばがある。これはなかなかに使いようがある。なにか問題が発生したときに、誰かのせいにしたがるのは人情だ。しかし、誰かのせいにするのは勝手だが、胸に手を当てて「自分にも責任の一端があるのでは?」と思いこむ。それは、ある意味…

おはよう!おはよう!

「おはよう!」と言ってみる。「ちーす」「うぃーす」ではない。当然、目上には「おはようございます!」昔呼んだ新聞かブログからの引用だが、ベトナム戦争時のアメリカの基地では、いつ死ぬかもわからない状況で、基地の空気はどんより沈んでいたらしい。…