読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安い笑顔をふりまいて

「もっと笑ったら?」

同期に言われたことがある。
確かにムッツリしていては、後輩たちからも敬遠されてしまうし、客受けが悪いなあと思って、無理して笑う日々を続けたら、一月で疲れた。

笑顔の効果のほどは、やはりイマイチわからなかった。

ザ・ブルーハーツの名曲「ロクデナシ」を思い出す。

♪役立たずと罵られて
♪この馬鹿と人に言われて
♪要領よく演技できず
♪愛想笑いもつくれない

とはいえ、おれは役立たずと罵られてもいないし、このバカとも言われてはいないんであるが
要領よく演技できず、愛想笑いもつくれないのは、まぁ当たっている。

ひとまず、それで善いと思っている。
幸いにも、おれはエンジニアなので仕事の相手は目下、他人ではなく巨大なシステムなのであるから。

愛想笑いをしなくても、俺の書いたコードはチャンと正しく動いてくれる。