読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の距離感

心の内をすべて投げ出して、話し合うことのできる友人というのは貴重だが
そういう友人を、もっともっと増やしたいという姿勢には少しだけ疑問がある。

互いをさん付けで呼び合う仲も、それはそれでいいものなんだがなあ。
互いを尊重しあいながら、共に仕事をやっていく。
互いに気を抜けない、ある意味ライバルだが、距離感をある程度の遠さに保つことで緊張感が生まれる。

それは、所謂、「親友」や「気の置けない友人」のような人々との間では、構築できない貴重な関係でもあると思うんだ。

自分の弱いところをさらけ出せる友人も必要だが、弱いところをさらけ出せない友人も必要だと思える。

馴れ合いじゃできないことが、時にはある。
広告を非表示にする