読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝わらないもどかしさ

会話に関することをまた書く。

たぶん、人とのコミニュケーションがうまくいってない証拠だ。

仕事を複数人で進めている。
皆、設計者だ。

今日は大きなコミニュケーションロスがあり、ちょっと慌ただしかった。

そして、イライラした。

話し合い、方針を決める。
じゃあ、これでいきましょう。

……。

って、誰やるの? みたいな雰囲気。
じゃあ、俺やるよといっちゃう。

皆が口頭であーしたほうがいい、こーしたほうがいいと、意見を言うけど、空中戦になって、結局まとまらず。。

「さっき何話したっけ?」みたくなる。

「それ、いったっけ?」みたいになる。

いっそのこと会話を禁止しようとおもう。
ちゃんと考えて、資料作った上でチャットで話した方が、やることがまとまる。

口で話したことは、伝わらない。
絵や図がないと伝わらない。
独り合点して、物事を進めて、俺も失敗した。

ちゃんと、資料を読み、疑問点を書き出して、曖昧なものを整理しないとだめだ。

人がたくさん集まったって、おしゃべりしてちゃだめだってことがわかった。

伝わらない、もどかしい
だけならまだいいけど
仕事が進まない、イライラしてギスギスしていくのは
会話が諸悪の根元だ。

相手がなにいってるかわかんねーんだもの。
で、たぶん相手も、同じことを思ってる。

あしたは、話さないぞ。