読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁とゆっくり飯を食う

仕事がつまらん、とか

後輩が生意気だ、とか

友人に義理がない、とか

給料が安い、とか

なんのかんの、 悩みはいろいろあるけれど

 

嫁とゆっくり飯を食う。

それだけで

あぁ、 人生捨てたもんではないな

と、ふと思うのだ。

 

別に嫁との飯、でなくてもよくて

けして自分は不幸ではないという

確かな感触だということだ。

 

それを感じると

すこし調子に乗っていた自分の襟を正して

謙虚な気持ちでまた、頑張ろうと思えてくる。

 

失敗続きの日々のなかで

そのように、自分を慰めているのかもしれないが

大切な時間であることに

変わりはないのだ。