読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか体が動かなくなったら

命が果てるその瞬間まで
俺は仕事をしていたい。

強烈なうまい酒を飲んで楽しんでも
次の日は二日酔いで億劫だ。

のんびり昼寝をしていても
寝過ぎると具合が悪くなる。

友人や恋人と楽しい一時を過ごしても
いづれ話すことがなくなってしまう。

すてきな場所へ旅行をしても
早く家に帰りたいなと思ってしまう。

だから
命が果てるその瞬間に
酒を飲んでたり
ダラダラ休んでいたり
大事な人と一緒にいたり
どこかへ旅をしているのは
あまり、俺には合っていないように思う。

仕事がいいよ。
誰かの役に立っている。
お役御免や、引退なんてつまらない。
体を動かすのがどうしても無理になってしまうまで
意味のあるしごとをしていたい。

いつか体が動かなくなったら
仕事ができなくなったら
いや、きっとなにかできることがあるはずだ。

体が動かなくても。きっと。