2015-02-22から1日間の記事一覧

草枕

山路を登りながら、こう考えた。知に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。夏目漱石 「草枕」日々、人と話すと角が立って、人の言うことに流されて、意地を通して孤立する。明治の時代もいまも、さして変…