なにかをはじめると、じゃまをする者あり。

なにかをはじめると

それを邪魔をする者がいる。

 

邪魔をしてやろうという

思いはないのかもしれないけれどね。

 

僕たちはやはり

今一度考えなければならない。

 

それは自分にとって大事な者は何か?といつことだ。

 

そこを、ぼやかしていたら

いつまでたっても

やりたくないことをやらされる、なんて

事態に陥ってしまうよ。

 

一度だけの自分の人生なんだから

命数を無駄にしないように

しなきゃいけないなと思うんだよ。

心地よい慌ただしさ

アプリのリリースから

数週間経った。

 

バグ修正に追われる日々だ。

 

広告収入は予想通り

微々たるもの。

 

でもいいのだ。

仕事以外で稼ぐ初めての金なのだから。

 

次のプロジェクトも動き始めている。

色々な方面から連絡があり

中国のデベロッパーとも連携することになった。

 

すこしの、ほんのすこしの

前進だけれど

なんとなく、慌ただしさが心地よい。

スタートした

一年半かけて作ったものが、ようやく日の目を見る。

Androidアプリだ。

 

広告収入がどうだ、とか

そういうことを求めているんじゃない。

 

自分一人で、一から十までつくり

流通に乗せたってことが

一つの、自負になった。

 

俺はエンジニアだけど

エンジニアの能力って、難しい。

 

技術だけでもだめ

コミュニケーション能力だけでもだめ

後輩や先輩の受けが良いだけでもだめ

 

いろいろできないとだめ

 

おまえは何者?って問いかけはよくある。

 

技術があるの?

コミュニケーション能力あるの?

顧客層との折衝が得意なの?

 

Androidアプリをリリースしてます』

 

といえるようになったのだ。

 

だからなに?

というひとはいるよ。

 

でも、世の中のエンジニアの中で

個人でAndroidアプリをリリースしている

奴らの仲間には、なれた。

 

 

そこが嬉しい。

アプリでもうけたいんじゃなく

そこの一点、俺はアプリを、つくってリリースしたんだ、ってのが

 

なんとなく、自信になる。

 

一年半もかかったけれど

結果はまだまださきだけれど

よく続けたものだと思う。

 

 

未来がたのしみだ。

酒がうまいぜ。

 

広告を非表示にする

都議選

都議選。

 

各種ネットニュースによると

どうやら都民ファーストが優勢の模様。

 

都民ファーストが善、自民党が悪の構図だ。

 

ところで、当然皆はわかってると思うけれど。

選挙前には、スキャンダル・ニュースが増えるって事だ。

 

某官僚の出会いバー?での痴態や

某政治家の暴言や。

 

これは、いうまでもなく

誰かが『糸』を引いていることは

疑いようがないよ。

統計的に、昔っからそう。

 

自民党が糸を引いて、不都合な何かを隠したり、政敵を葬ることだってあるだろうし

都民ファーストだって、同様なんではないだろうか。

 

善なんていないからね。

自民党も黒いとこはあるし

都民ファーストもあるでしょう。

 

ほんで、都議選なんだけど

いち都民としては本来

都政についての政策を戦わせてほしいのだけど

森友とかカケとか、そーいった国政?が

地方選挙の主題になってる感が強いね。

 

もちろんマスコミが扇動してるってのもあるけど

そのあたり、しっかりみないと行かんと思う。

国会議員のスキャンダルって

本来的に都政に影響しないし

議員辞職してもいいよ、関係ないから。

 

とはいえ、AKBばりの人気商売なところが

政治にもある。

なんせ、この国家は民主主義で

数が揃えば正義だから。

だから、暴言議員のスキャンダルは

結構影響はあるか。。

 

昔の小説だけど

銀河英雄伝説ってのがあるけど

民主主義国家が衆愚政治

専制国家は天才が現れて

 

で、結果として専制国家のほうが

素晴らしく描かれているのだけど

主人公はそれでも民主主義を選んだ。

 

民主主義賛美の小説だ!……とまでは言わないけど

まぁ、各自が今の国際時勢と、経済の問題と、あべちゃん、都知事から受けるフィーリング的なもので決めればいいんだとは思う。

 

ところで

築地市場の問題って

基礎工事手抜きして

地下水が染み出てきて

その水が汚染されてる!

ってはなしだとおもうんだけど

コンクリで地下水を染みでなくして

地下水を東京湾に浄化して流せば

済む話じゃないの?

 

犯人探しで何ヶ月たったんだろう。。

 

このへん、だれが詳しい人に教えを請うかな。

プライムニュースだけじゃ、ちょっとわからないや。

 

とりあえず、都の高速道路とかインフラ系が

みてるだけで、老朽化してるから

そのへんはやく手を打ってほしいな。

あと、雇用ね。

 

 

広告を非表示にする

出来てから、話すよ

『おう、お前、最近何やってんだ? また、なんか作っているのか?』

 

『出来てから、話すよ』

 

そうなんだ。

作っている途中ってのは

もしかしたら『やーめた!』ってなるから

話すに値しないんだよ。

 

出来てから、話す。

これが、やはり、正解なんだ。

 

 

たとえば、就職活動頑張ってるんだ、って誰かに話しても

鼻で笑われるだけであって

就職してから

『どこそこに就職したんだ』って

言う方がいいんだよ。

君のためにも、話す相手のためにも。

 

歳を追うにつれて

結果だけを重視する傾向がでてくる。

それはあなたも、相手もだ。

 

どんだけ威張ったって、自分が凄いんだと豪語したって

結果がなけりゃ、冷たい態度をとられるんだ。

若い時分はさておいてね。

 

それは、悲しいことだけど

ある意味、強くならなきゃいけないって

奮起するくらいにならないと。

 

人に頼ってばかりの

若者だったけれど

もうあなたには、大切な人や子供なんかもいたりして

自分がきちんと強い意志を持って

誰かを守ってあげなきゃいけないんだから

 

こんなことやってんだぜ!

 

なーんて、ことをのたまうことは

止めるべきだよ。

 

 

ぶつかって、恥かいて、またぶつかって。そんな君は美しい。

納得しないまま、仕事をして

えらい目にあったことが何度かある。

 

このままじゃまずいな、と思って

先輩に相談しても、このままでよいと言われ

モヤモヤしたまま、お客さんに見せたら

怒られる。

先輩は、俺が怒られている間

黙ったまま、だ。

 

こういう事が何度かあると

少なくとも、自分の中で

よし!ばっちりだ!

と思わないと、ダメだと思った。

 

それで怒られたら

自分の力不足だ。

このあたりで、仕事を自分の物として

主体的にやろう、と思うようになったのだ。

 

で、主体的にやってる仕事だけど

先輩から指摘される。

納得行かないことがいくつかあるんだけど

最近は、大体が先輩のいう事の方が正しい。

 

つまり、勝ち負けであえていうと

いつも負けている。

いつも、俺が正しくない。

 

だけど。

だからとって

いつも正しい先輩が言うんだから

言うこと聞いちゃえ。

 

なんて考えを起こしてはいけない。

自分が結果として謝っていたんだとしても

ある段階で『良し!納得!』と思わなければ

その成果物をお客さんに出しちゃいけないんだ。

 

で、また先輩から指摘され、負ける。

それでいいのだ。

ちゃんと負けたときは、その内容を反省して

次に生かせばいいじゃないか。

 

あくまで自分の仕事なんだ。

 

時折、納得しないと進めない奴って

本当に不器用、なんて、論説もきくけど

オメーが責任とってくれんなら

いくらでも、そうするよ。って言ってやれ。

 

納得してない成果物を出される側は

たまったもんじゃないよ。

 

君に能力が無くても

いつもだめ出しされても

君の中で自信を持って出したもので

勝負しなけりゃいけないんだ。

 

うまく世の中を渡っていくことは

できないかもしれないけど。

 

それが、仕事なんだ。

それが、真摯な姿勢ってやつなんだ。

 

そこをぼやかしたら

果たして、自分は何をやって

金をもらってんだと言うことが

わからなくなってしまうんだから。

 

そういうことを一生懸命やるのが

やはり基本だが大事なんだよ。

 

先輩とぶつかって、

間違いを指摘されて恥をかいても

萎縮するんじゃない。

納得してだしたんだから。

またぶつかるときは、勇気を出してぶつかって

また負けたとしても

最終的に、君は間違いを認め納得しているはずだろう?

 

何度も何度も、失敗して

恥をおそれずに取り組んでいる

そんな、君は美しい。

 

金がなきゃ飛び立てねえよな

金がなきゃ飛び立てねえよな。

 

金がなきゃ

例えば、学生だけど自費留学したいとか

例えば、リーマンだけど独立したいとか

例えば、定年後に自分の趣味の会社を作りたいとか

 

ある程度、自由になる金がないとさ。

飛び立てないよな。

 

成功者の多くは

失敗した後の地獄の借金生活をものともせず

決断して事をなした、みたいなサクセス・ストーリーを語るけどもさ。

 

フェイルド・ストーリーの語り手は

少ないのが世の中の理さ。

 

成功者の何倍、何十倍も失敗している人たちがいる。

ネットでググればでてくるよ。

その悲惨な末路、例を挙げると

 

・嫁を風俗に売らなきゃいけなくなった

・娘を風俗に売らなきゃいけなくなった

・母親を風俗に売らなきゃいけなくなった

・蟹取り漁へ

・トンネル掘りへ

・内蔵売買

 

割とざらです。

起業したい~!って人々は

その失敗の末路を正しく認識しなきゃいけないよ。

失敗しても、大手企業に買収してもらって再スタート!なんて人もいるけど

それは『成功者』なんだって!

 

何千万の借金は甘くないんだよ。

 

で、金がなきゃ飛び立てねえよなってのは

ほとんどの人に当てはまることで

起業するとか、そういうのでなくても

まとまった現金があれば

ローン返済も安くすむしね。

 

先がある人は

ゲンキンゲットのために

仕事がない土日にでも、考えを巡らすべきだよ。

 

複数のアルバイトをしている考えにたってごらん。

もちろん、仕事が火を噴いていたりすると

そんな考えに気が回らないのは知ってる。

でも、どこかですこし、余裕ができたときに

そんなことを、考えてみるといいよ。

 

でなけりゃ、一生、『そこ』から

這い上がれ無いんだから。

 

君と違って出世している人は

日々、そんなことを考えているかもしれないよ。

 

より多くのマネーをゲットする。

それは、翻ってかんがえると

どれだけ、じぶんが人の奴にたつのか?

人の役に立つ人間になるために

なにをすべか?っていう、思考と

イコールなんだって事!!

 

金を得るんじゃない。

人の役に立つ人間になろうとしよう。

それは同じことなんだ。 

 

そして、金をゲットできたのなら

その金は、より多くの役に立つための

自分への投資だったり

嫁にプレゼントをかってあげたり

なにか仕事とは別のことだったりね。

 

そういうことに

使えるんじゃないか。

 

金は物だ。

悪いものじゃないよ。

 

善な使い方をすれば

金はきれいに消えてゆく。

幸せを残してね。

 

そうあるべきだろう?