読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話すことなんか、ない

仕事場の人たちと話すことなんか、ない。
仕事の話を除いては。

だって、
「どんな音楽が好きなんですか?」
「どんな映画が好きなんですか?」
「暇なとき、何しているんですか?」
なんて、聞かない。

いや、まぁ、そういう話をするときもあるけれど
ごくまれに、だ。

でも、昼飯時なぞ
同僚と、リフレッシュルームでめいめいが
弁当をパクつきながら黙々と食べてるのも耐えられない。

だから

「仕事、どんな調子ですか?」
「締め切り、きついよね」

なんて話をする。
お互いに共有してるのは仕事の話だから。


家族の話をしたり
趣味の話をしても

「へー、そうなんだ」

で終わっちまうのが、学生の頃との違い。

今更ながら、息苦しさを感じている。

でも、毎日苦しい思いをしてるから
みな、どこか壊れちゃってんのかもしれない。
みなさん、金はたんまりもらってるけど
使う暇もないのだろうし。

淡々とやってる。
仕事帰りにふらりと酒を飲みに行く暇もない。

組織の中にいるとこんなもんかとおもえるけど、友人と話すと自分の置かれている状況の異常さがわかって、ゾッとする。

俺は現状に、取り立てて不満がないのだが、それがもしかしたら、なにか大事な感覚が麻痺してるのではないかと思うと……。

どんなに疲れていても、ウイスキーをのみ、気が向いたら、今日のようにブログを書く。

すると、ふっと気が抜けて
こんなことを考えるようになるのだ。

精神が自由になる瞬間だ。