読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卑怯であるということ。

いつもAさんがお客さんのの大事なものを借りて

別の人が大事なものを返却する。

 

ある日、Aさんがお客さんの大事なものを借りて

Bさんが大事なものを返却しなかった。

 

次の日、お客さんが大事なものが無いと騒ぎはじめ

Aさんが謝った。

 

でも、もちろん、返却するのはBさんだったので

Bさんは再発防止策を練ったけど

Bさんが、お客さんに謝らなかった。

 

これには、Aさんも困った様子。

 

で、Aさんは、おれの先輩だった。

 

『これ、Aさんが謝ったままだと、Aさんが悪いみたいに思われませんか?』

 

で、Bさんにそれとなく伝えた。

 

Bさんは『わかった』といった。

 

程なくして、Bさんは、お客さんに

『再発防止策を周知して二度とこのようなことがないようにします』

といった。

 

 

いや、そういうことじゃなくて

Aさんが、あんたのせいで汚名をかぶったんだから、その汚名をそそげよ!

 

と思った。

 

で、話は結局うやむや。

 

なんで、Aは悪くありません。俺が返却をわすれたんです。

 

と、言えねーんだよ!!!

管理職やめちまえ!

 

と、関係のない俺は非常に腹が立ってしまった。

 

Aさんは、『まあまあ、いいんだよ』

と言ってた。

だから、俺も腹を立てるのはやめた。

 

 

卑怯であるということ、がどういうことなのかを、改めて学んだ。